学科概要

国家試験の受験科目は学科と実技です。
選択科目は、美容の知識をさらに深め、
将来に役立つ実践的な技術としてNRBがすすめる科目です。

BEAUTY [?美?容?科?] 昼間部 夜間部
BEAUTY [?美?容?科?] 昼間部 夜間部

美容師としての基本的な技術から、トータルでクリエイトできるように、ブライダルシーンや成人式などで活躍できる着付けとネイルをメイン科目として学びます。

主なカリキュラム

  • ネイル
  • 着付け
  • カラーリング
  • メイクアップ
  • ブロー
  • シャンプー
BARBER [?理?容?科?] 昼間部
BARBER [?理?容?科?] 昼間部

美容師としての基本的な技術から、さらにヘアに特化したスキャルプと、コンテスト受賞を目指したコンテスト・フォトシューティングをメイン科目として学びます。

主なカリキュラム

  • スキャルプ
  • フォトシューティング
  • カラーリング
  • メイクアップ
  • ブロー
  • シャンプー

※夜間部美容科も、昼間部美容科と同じ2年で修了することができます。

BARBER [?理?容?科?] 昼間部
BARBER [?理?容?科?] 昼間部

理容師としての基本的な技術と今の時代に対応できるよう、レディースカットやエステティックを導入しています。

主なカリキュラム

  • メンズカット
  • レディースカット
  • シェービング
  • ドライヤーセット
  • エステ
  • シャンプー

+MORE [選択科目]

アレンジ

美容師からも支持されている最先端の技術を身に付ける
編み込みなどアレンジの基礎からブライダルや作品創りなどの応用まで、幅広くヘアアレンジの方法を習得できます。また、実際に美容師の技術を見たり、モデル撮影や、学校でのフォトコン前などの対策、ヘアーショーのお手伝いなどができる機械を作りたいと考えています。SNSなどを使った自己PRの方法なども伝授します。

メイクアップ技術検定対策

モデルやお客さまの魅力を引き出し、美しさをトータルにプロデュースする上で、メイクアップはもっとも有効な手段です。美容科の必須授業で、+MOREではさらに技術に磨きをかけることができます。基本的なナチュラルメイクからブライダルなど、シーンごとのメイク法を学びます。雑誌や広告の撮影、ショーなど華やかな舞台でヘアとファッションをリンクさせるクリエイティブさを身につけます。

ベーシックメイク

【理容科 ※美容科は必須科目】
花嫁のメイクアップや舞台メイクを学びます。ファンデーションの塗り方や理想の眉の形など、基本的な技術から応用まで幅広く学習します。

まつ毛エクステンション

アイメイクの定番になりつつある、アイラッシュ(まつエク)。最先端の技術を身につけることはもちろん、目の構造や安全のための知識も学ぶ奥の深い科目です。さらに一人ひとりの目の形や顔つき、全体の雰囲気にあわせたデザイン力もしっかりとマスターしていきます。「まつエク」は、需要が大きくなることが期待される成長分野。施術には美容師免許が必要となります。

医療美容

抗がん剤治療による脱毛で悩む方は、全国に140万人以上いるといわれており、その多くの人が理美容室に通うのをやめてしまいます。髪がなくても「美」を通して喜びを提供する。それを可能にし、広く伝えていくのが医療美容師です。精神的ダメージを軽くすると共に、スムーズな社会生活を送れるようサポートしていく大切な仕事。専門学校では唯一、RAMBS医療美容認定協会の認定校であるNRBで、医療美容の目的とコンセプトをしっかり学ぶことができます。

カット&カラー

グレイカラー、ファッションカラー、バレイヤージュ、フォイルワークなど、サロンやコンテストでは必ず必要となる技術や知識を幅広く学びます。

エステティック・脱毛

【美容科 ※理容科は必須科目】
素肌の美しさをプロの手でケアするフェイシャルエステティックは、ワンランク上のサービスとして一般的になりました。マッサージのテクニックや肌に合わせたケア方法、基礎化粧品の役割などの基礎を学び、皮膚科学や栄養学の理論も学習します。NRBは認定校なので、日本エステティック協会認定試験の実技試験が免除されます。

特別サロン実習

カウンセリングから細かく指導します。顔の形や髪質、すべてを考慮して似合わせをしていきます。現役の理美容師たちから直接指導を受けられるのは、貴重な経験や財産になること間違いなし。

資料請求はこちら 資料請求はこちら

PAGE TOP

オープンキャンパスに参加する

資料請求

WEB出願