卒業生紹介

「もう一度、学生時代に戻りたい!」、 そう思えるほど楽しかった芝尾 実夏さん 平成27年3月 昼間部美容科卒業 アイムインターナショナル京都三条店 アシスタント

母が美容師をしていて、小さい時から「将来は何になりたい?と聞かれたら、美容師と言っておきなさい」と言われて育ちました。マインドコントロールですよね(笑)。中学生になって、それまで母に髪を切ってもらっていたのですが、他の美容室へも行ってみたいと思い行ったんです。そこで、改めて美容師さんの姿を見て、やっぱり美容師になりたい!と。その時が美容師になろうと決めた瞬間です。高校生活を送る自分が想像つかなくて母に相談したら、NRBを探してきてくれました。オープンキャンパスに何度も参加しましたね。憧れの先輩もいてすごく楽しかったです。先生はとてもフレンドリーでおしゃれだし、校舎もきれいで、すぐにNRBへ行こうと決めました。今だから言えますが、入学してすぐの頃、環境や人間関係の変化にとまどい、先生の前で泣いてしまったことがあるんです。先生や先輩の励ましで、そこからたくさん友達ができました。小さな不安も見逃さずに支えてくれたことが本当にうれしかったです。その後の学校生活は本当に楽しかった!!コンテストにも積極的に参加し、居残りをしてワインディングの練習の日々。先生も一緒に残ってくださってアドバイスをくれました。憧れの先輩と一緒に練習することもできて、学内コンテストで賞をもらえるまでに。イベントではグループ活動の大変さもあったけれど、みな目標は一緒。国家試験の前には、実技の練習と学科の勉強を助け合いながら乗り越えました。「もう一度、学生時代に戻りたい!」、そう思えるほど楽しい学生生活でした。

将来の夢は探し中。
今できることを精いっぱいがんばりたい

学生時代に着付けの資格を取得していたので、それを活かしたかったしメイクもしたかったので、トータルでできるお店を探しアイムインタ−ナショナルへ。研修で行かせてもらって、雰囲気が良かったですし、社長がとてもエネルギッシュで、目標を決めてひとつずつ叶えていく方。この方のお店なら自分のやりたいことができそうだなと思って決めました。今はスタイリストデビューを目指して、毎日しっかりレッスンをしています。けれど、週休2日制のサロンなので、学生時代の友達と大好きなK-POPの話をしたり、ジムへ行ったりしてリフレッシュ。「プライベートを充実させないと、仕事はがんばれない」、これは社長の考えなんです。将来の夢はまだ探し中。いろんなことをしたいけれど、とにかく今は、ここでできることを精いっぱいがんばっていきたいです。

アイムインターナショナル京都三条店
京都市中京区三条通東洞院東入菱屋町42
http://www.im-happy.jp/sala-sanjo/

(2016年12月取材)

PAGE TOP