卒業生紹介

入学して初めてわかったこと…夢があればがんばれる砂田 恭子さん 平成13年3月 昼間部美容科卒業 『flicka eyelish & relax private salon』オーナー

2年間の学校生活はとても楽しく、大変だった実技も、同級生と一緒に一つずつ課題をクリアして身に付けていきました。アートフェスタでは、仲間同士で力を合わせて作り上げる楽しさを初めて体験しました。私たちの作品は美しさというより、笑える作品になったけれど、結果的に賞をもらえたので本当にうれしかったいい思い出です。美容師になるための実技や勉強は大変でしたが、夢があればがんばれるんだと実感しました。同じ夢に向かって仲間と一緒にすごした2年間は、今でも大切な時間です。
卒業後は美容師として就職し、店の雰囲気になれるのに必死で、寝る間も惜しんで仕事に取り組みました。これも今振り返ると、とても良い経験だったと思います。一度美容業界を離れたのですが、やっぱり好きだったんです。はじめは友達に頼まれてまつ毛のケアをしていたのですが、周りからの勧めでエステサロンに入社しました。

一度は離れた美容業界。
美容師免許があったから、新しい夢を持てた。

今では当たり前になったまつ毛のケアですが、当時(2000年頃)は珍しくて、同期と競い合いながら技術力を高めていきました。元々、細かい作業が好きでしたし、自分にも合っていて8年間勤めたのですが、その間に法律ができて、まつ毛エクステの施術をするには美容師免許が必要になりました。「あっ、私、美容師免許を持ってる」と、あの頃がんばってきたことが、ここにつながったんだと実感しました。他の同期は、そこから勉強を始めないといけなかったのですが、私はそのままお客さまの施術をすることができたのです。
その後独立。悩んだし、不安もありましたが、自分のスタイルでお客さまと関わりたかったので決意しました。今は、じっくりとお客さまと向きあえて、充実した日々を送っています。女性ならではのお仕事ですし、結婚してもそれまでと変わらず続けています。人生は、どこで道が変わるかわかりません。だから、夢を持ち続けて前へ進んでいけばいいのだと思います。

flicka eyelish&relax private salon
大阪市中央区本町4-4-16 COURT HOUSE405

(2015年12月取材)

PAGE TOP