卒業生紹介

いきなり「大きな夢」じゃなくていい。 「小さな夢をひとつずつ」がワタシ流。野田直衣子さん 平成13年3月 昼間部美容科卒業  『Nico Design office Red Pepper Direct 野田直衣子

「面白いサロンがあるよ」。すでに就職が決まっていたNRB同級生が、そう私に紹介してくれたのがRed Pepper。現在ほどではないものの、すでに人気サロンとして繁盛していました。当時、スタッフは男性ばかりで、オーナーを筆頭に、みんな個性派ぞろいの頑張り屋。自分がRed Pepper初の女性スタッフとなって「新しい風を吹かせてやろう」と思ったんです。好きなことを続けるのはカンタンで、誰にだってできる。だったら、私は苦手なことにこそ挑戦して、1つひとつ克服していくことで、自分の可能性をどんどん広げていこうと考えました。

続けてきた“自信”があるから
“苦手”も“好き”に変えられる。

お店に入ったばかりのころは、人と接することが苦手でした。最初はお客様とコミュニケーションするサロンワークも満足にできなかったくらい。おまけにヘアメイクも苦手。でも、あきらめたくはありませんでした。休みの日もカットやパーマの勉強をしたり、積極的にコンテストに参加したり。思うような結果が出なくても、途中で投げ出さない。有名なコンテストもそう、雑誌モデルのヘアメイクもそう。続けているうちに“結果”も出てきて、どんどん自信が持てるようになったんです。性格も随分変わりましたね。美容師になる前と今の私では全然違う、「成長したな私(笑)」って自分自身がそう強く感じていますよ。

NRB進学も美容師の道も、最初から大きな夢や目標があって目指したわけじゃない。はっきり言って興味本位のスタートでしたが、きっかけよりも続けることに意味があるのかも。私の取り柄はあきらめないこと。あきらめずに続けてきた“結果”が今のポジションなんだと思いますね。

PAGE TOP