卒業生紹介

ヘアメイクアーティストとして世界中を飛び回っています 中村兼也さん 2001年3月 美容科卒業 ヘアメークアーティストヘアサロン BERONICA オーナー  中村兼也さん

学生時代、授業で指を何回も切りながらも夢中になってカットの練習していたことを覚えています。卒業後、大阪の美容室で働いたのち、上京しました。そこで美容師だけでなく、雑誌、広告、TV、CM、映画、PV、舞台、国内外のショーやミラノコレクション、パリコレクションなどヘアメイクの仕事に携わり、「クリエイター」としての意識をもつようになりましたね。

2004年に、ヘアメイクアーティストとして独立しました。ヘアメイクと言ってもたくさんの仕事がありますが自分が好きなCMや広告の仕事は街中に飾られたり、TVで流れたりするので、たくさんの人に自分の仕事を見てもらえる、やりがいのある仕事です。海外ロケや、舞台のワールドツアーに参加すると、そこで出会う一流の職人・クリエイターに刺激を受ける一方で、どんな国でも技術が通じる自身達の仕事に誇りを持つことができます。

ヘアメイクの仕事をしていて実感するのは、美容師でもあるという強みですね。いくらメイクやセットが上手くても、髪が切れないとどうしても幅が広がらない。もし、担当のタレントや女優さんがヘアスタイルを変えたいと言ったらもちろん対応しなければなりません、ヘアメイクに興味のある方は、是非、美容師の勉強をたくさんしておいてほしいと思います。

サロンのオーナーにもなりました

海外のサロンでVIPのお客様を担当させていただいており、色んな国に行きますが、日本の美容師のレベルは本当に高いです。日本で誇れる美容室を作って、海外に進出し、世界中の人を綺麗にしてあげたい。そんな想いで今年、代官山にヘアサロンをオープンしました。僕について来てくれているアシスタントたちの居場所を作ってあげたい、という気持ちも大きかったですね。

BERONICAは5階建てのお店で、フロアごとにコンセプトがあります。1FはVIP ROOMとギャラリーで、期間限定の洋服のSHOPや展示会、写真や美術品の個展、時には撮影のスタジオになったりもします。2席だけのプライベートサロンや、ネイルとまつげエクステのフロアも作りました。看板がないので「ここは何屋さんなんだ?」と思われるお客様も多いですが、「あそこに行くと何か楽しい事がある」と遊びに行くような感覚でご来店して頂きたいと思っています。

地道な積み重ねの先にある本当に楽しい仕事を見つけてください。

自分もまだまだこれからたくさんの勉強をして、もっともっと上を目指したいと思っています。仕事を初めていきなりすごい美容師になれる人なんていません。はじめはコツコツと頑張って、壁にぶつかって、という繰り返しですが、その先に本当に楽しい仕事が待っているとおもいます。ひたすら夢を追いかけ続ける。そんな仲間がたくさん増えれば良いなと思っています。

(2010年12月取材)

PAGE TOP