卒業生紹介

大学とダブルスクールで通いました 坪内克明さん 20004年3月美容科卒業 hair design lab unite スタイリスト 坪内克明さん

大学へ通うために淡路島から大阪へ。それまでは、いわゆる「床屋」と呼ばれるところにしか行ったことがありませんでしたが、大阪ではじめて美容室に行って、楽しそうな世界だなと思いました。そして大学4年生の時から1年間はダブルスクールで、NRBの夜間部に通いました。大学に進学しながら別の分野に進むことで、親には心配をかけたと思いますが、熱意で説得したのを覚えています。

夜間の学生は、僕のようにダブルスクールで来ている人や、すでに社会人で転職する人などさまざまだったので、いろんな人脈ができました。アートフェスタのときは、ほかのクラスが芸術的なヘアショーをしていた中で、「面白いことをやろう!」とモノマネをして盛り上がりました。審査委員特別賞をもらうことができ、楽しい思い出のひとコマになっています。

卒業後は、美容室のアシスタントからの修行。毎日忙しく、大勢のお客様とスタッフに出会いました。いろんな人、技術にふれることができたのは、何よりの財産だと思います。スタイリストに昇格したころには、心配していた親も納得してくれていた様子でした。今では、実家に帰ると「髪を切って」と言ってくれ、とてもうれしいです。

喜びをさまざまな人へ届けたい

プライベートで知り合いだった現オーナーに声をかけられ、4月に南船場にサロンをオープンしました。オーナーと2人、店づくりの一からのスタートですから、責任は重大。空間を広く使い、シンプルでほっと落ち着けるようなサロンにするのが目標です。僕もいつか自分で店を出せるように、今はとにかく素直な気持ちで取り組みたいと思っています。

オーナーの向学心からは、「美容師は美容の勉強だけをやっていたらいいのではない」と思わせてくれます。いろんな人に喜んでもらえる技術だと思うので、たとえば福祉の現場で出張美容室を開くなど、サロンになかなか来られない人にも、サービスを提供できたらと考えています。アイデアや夢は、まだまだ広がっていきそうです。

がんばって続けてきたからこそ、周りに認められたり、さまざまな出会いを得ることができました。何事も、最初からあきらめたり、途中でやめてしまうのではなくて、続けていけば、道や可能性が広がると信じています。

hair design lab unite
大阪市中央区南船場3-2-6大阪農林会館307
http://unitehair.jp

(2009年3月取材)

PAGE TOP