エリア情報

心斎橋SHINSAIBASHI
学校から地下鉄千日前線「なんば駅」で乗り換え御堂筋線「心斎橋駅」へ。約11分。

個性を磨く、トレンド発信基地

最新のトレンドは、心斎橋の街歩きでチェック。御堂筋沿いには世界的高級ブランドのブティックや大型百貨店が建ち並んでいます。ウインドウショッピングがてら、ミナミのメインストリートをさっそうと闊歩してみましょう。
御堂筋を西へ入ると、HIP HOPが流れ、古着、カジュアルファッション店がひしめく「アメリカ村」の一帯です。待ち合わせ場所で有名な三角公園では、ミュージシャンがストリートライブを行うこともあります。ファッションストア、ライブハウス、映画館が入っている「BIG STEP」は、アメリカ村のシンボル。入口の大階段ではミニライブやショーなどのイベントが開催されるて、いつもにぎやかです。
さらに西へ進むと、立花通りを中心にセレクトショップやインテリアショップ、オープンカフェが続く堀江界隈へ。「SWEET」などの雑誌に登場するような「大人カジュアル」なショップや、有名なヘアサロンが多く、ファッションを先取りしたい人におすすめです。

なんばNAMBA
地下鉄千日前線で「なんば駅」へ。約5分。

娯楽の街、「ザ・大阪」を満喫!

ミナミの中でも観光客が多い、エンタテインメントの街。心斎橋筋商店街の戎橋からは、大きなグリコの看板が見え、すぐ側には、「かに道楽」の巨大なカニのオブジェ。このあたりは「道頓堀」といい、テレビでよく紹介される、ド派手でコテコテな大阪を象徴する観光スポットです。
地下鉄御堂筋線「なんば駅」のすぐ側には、国内外の人気ブランドが150以上入っている、若者のための大型百貨店「なんばマルイ」があります。8階は、プレミアスクリーンを設置した「TOHO CINEMASなんば」なので、映画鑑賞にも便利です。
また、近くにはお笑い界の聖地、「なんばグランド花月(NGK)」があり、観光客やファンでいつもいっぱい。「吉本新喜劇」などを見ることができます。目の前のビルの地下には、若手が活躍する「baseよしもと」があり、安いものだと500円からライブを見ることができます。お気に入りの芸人を探してみるのも楽しいですね。

天王寺TENNOJI
学校からJR環状線外回りで「天王寺駅」へ。約5分。

ティーンに人気の遊び場

駅の構内と直結している「天王寺ミオ」は、レディースを中心に、雑貨やグルメなどの専門店が240も入っている、中高生に人気のショッピングモール。書店、文具店、CDストアも大型なので、学校やひとり暮らしのためのちょっとおしゃれな必需品を、そろえられそう。
ミオから歩道橋を南へ渡ると、近鉄百貨店、その先に「あべのHoop」があります。1Fのオープンエアプラザでは、プロミュージシャンのライブが行われることもあり、買い物途中に見られたらラッキー。隣接する「あべのand」と共に、有名なレストラン、個性派のセレクトショップ、無印良品やロフトなどの大型専門店が集結しています。
歩道橋を西へ渡ると、アポロビル、あべのルシアスが連なり、その中にはシネマコンプレックス「アポロシネマ」があります。アメリカンスタイルのフードコートもあるので、気軽に映画前後の時間を過ごすことができます。

梅田UMEDA
学校からJR環状線内回りで「大阪駅」へ。約15分。

見どころいっぱい! キタの玄関口

JR大阪駅近くの「ヨドバシ梅田」。国外からも観光客が訪れる最大級の家電ストア「ヨドバシカメラ」、総合ファッションの「コムサストア」のほか、ファッション、各国レストラン、カフェが充実。
ショッピングとアミューズメントを同時に楽しみたいなら、真っ赤な観覧車が目印の「HEP FIVE」へ。人気のファッションブランドモールと、屋内型遊園地「ジョイポリス」が併設されています。一度はこの巨大観覧車に乗って、梅田の街を一望したいものです。
洋服でお気に入りのショップを見つけたいなら、HEPの隣にある「エスト」へ。セレブリティ、グラマラス、カジュアルなど、エリアごとにスタイルが分かれていて、好みをいち早く見つけることができます。商品の入れ替わりも早いので、流行に敏感な人々に注目されています。
少し北へ歩くと、「ロフト」がある茶屋町周辺に出ます。ファッションビル「Nu茶屋町」や「アーバンテラス」など、大人の雰囲気漂う新しいショッピング&グルメスポットとして注目されています。気分に合わせて、さまざまなスポットを散策してみてください。

PAGE TOP